予防歯科PREVENTIVE DENTISTRY

予防歯科とは、ムシ歯などになってからの治療ではなく、治療が終わった後、また虫歯などを繰り返さないための、とても大事なものです。
歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院などでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な健診が大切です。
大塚歯科医院では治療が終了したあとの予防歯科に力を入れています。

歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニング

お口の中には、むし歯菌や歯周病菌など、無数の細菌が潜んでいます。
こうした細菌がお互いに結びつくと、粘着性のあるバイオフィルム(細菌や汚れの集合体)という膜を作ります。
そこにプラーク(歯垢)が付着すると、むし歯や歯周病の原因になります。
バイオフィルムは普通の歯磨きでは落ちませんので、プロによる歯のクリーニングが必要です。
当院ではそのバイオフィルムを取り除き、歯を健康に保つため、専門の研修を受けた歯科衛生士がPMTCというクリーニングを行います。
PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略です。
これは、歯磨きでは取り去ることができないバイオフィルム(細菌や汚れの集合体)を専門の機器、技術を用いて除去するクリーニングのことです。
また、歯石に関しても専用の機器を用いて取り除きます。
これらのクリーニングを行うことで、むし歯の予防、歯周病の予防を行います。
また口臭予防、歯の白さ、健康を保つ方法としても、とても重要な処置となります。

パウダーメインテナンス

また当院ではジェット噴流を使ったエアフローを行っています。(自由診療)
これは水と炭酸カルシウム粒子をウォータースプレーで吹きつけ、歯石や歯の表面に付着したしつこいプラーク(歯垢)はもちろん、歯にこびりついたヤニ、コーヒーなどの着色汚れを吹き飛ばしていくものです。
使用後は歯の表面がツルツルし、汚れの再付着も防ぎます。
ホワイトニングの前に行うと、白くなる効果を最大限に引き出します。

プロが教えるブラッシング

何と言っても予防の基本は、毎日のご家庭での歯磨きです。そこで当院では、歯科衛生士が患者様の歯を磨きながら、歯ブラシの当て方や正しい動かし方を指導します。
ほとんどの方は数回の指導でコツをつかみ、歯磨き上手になっていきます。
歯磨きに自信のない方はお気軽にお問い合わせください。