ホワイトニングWHITENING

ホワイトニングとは?WHAT IS WHITENING ?

ホワイトニングとは、歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法です。
歯を削ったりすることなく、歯の中にある色素を分解し、歯の明度を上げて白くしていきます。
以前は、歯を白くするには歯の表面を削ったり、人工歯をかぶせたり、歯の表面に薄い板状の膜を貼り付けたりする方法が採用されていましたが、現在は安全性の高いホワイトニングが主流となっています。
カレーやコーヒー、紅茶、赤ワインといった色の濃い食べ物や飲み物による着色汚れや加齢の影響によって、歯は少しずつ黄ばんでしまいます。
このような歯の黄ばみには、ホワイトニングが有効です。
ホワイトニングとは、歯を削らずに薬剤で黄ばみの色素を分解・漂白する処置です。
比較的手軽に白い歯を手に入れられることから、結婚式を控えた女性や見た目の印象を良くしたいビジネスマンなどに人気を集めています。

当院のホワイトニング3つの特徴THREE FEATURES

POINT.01

しっかりと診査・診断、前処置を実施、ホワイトニング専門店では歯科医師による診断や前処置を行わず、むし歯や歯周病が進行している状況でもホワイトニングを実施するケースがあります。そのようなお口にホワイトニングをすると、思わぬ健康被害を引き起こすことがあります。虫歯と知らずに薬剤を塗ったことで歯髄炎で激しく痛んだり、歯周病のお口に薬剤を使ったところ思うような効果が上がらず、薬剤の過度の使用で粘膜を傷めてしまい、歯は白くなったけど、歯や歯ぐきはダメージを与えることに。
当院は、ホワイトニングに入る前にしっかりと診査・診断をおこない、歯のクリーニングで歯を白くきれいにすることで、お口の健康に関心を持っていただき、ホワイトニング剤の持つ薬効を存分に予防にも活用して、その場限りの白さではなく、本当の健康を手に入れていただくのが、歯科のホワイトニングです。

POINT.02

正しいコンサルティングやカウンセリングでお好みの白さのほか、治療期間、治療費など、ご希望をもとにライフスタイルに合った治療法をご提案します。
目標の白さを歯の色見本で確認し合い、写真を撮って記録します。

POINT.03

ただ白くするだけではないアフターフォローも充実ホワイトニングは一度行ったからといってその白さが永久的に続くわけではありません。
したがって、ホワイトニングの効果を長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが必要となってきます。
当院ではせっかく白くなった歯が後戻りしないよう、定期的なチェックやアドバイスをさせていただきます。

歯科ホワイトニングのメリットMERIT

歯科ホワイトニングの最大のメリットは、過酸化水素という薬剤を使用することで歯を削ったり、磨くことなく歯を白くできる事です。
黄色く見えている色素を過酸化水素で分解して、歯質を変えてしまったり溶かすことなく白くすることができます。
また、長持ちするのも特長の1つです。当院では、ホワイトニングする前にしっかりと検査を行います。
虫歯などがある場合は、治療して歯を綺麗な状態にしてからホワイトニングするのも歯科ホワイトニングのメリットです。
虫歯などがある場合はしっかり治療してからホワイトニングいたします。健康な天然歯を削らず白い歯が手に入ります。
歯に染みついた色素を分解するので長持ちします。負担が少ないので何度でも施術可能です。比較的短期間で歯が白くなります。

【ホワイトニング時の注意点 】

虫歯や歯周病がある方はそちらの治療を優先して行います。
18歳未満の方や妊娠・授乳期の方は受けられません。
テトラサイクリン系の抗生物質による歯の変色には効果がない場合があります。
人工歯(被せ物・詰め物など)は白くできません。
効果には個人差があります。
できるだけ白さを長持ちさせるには、適切なケアが大切です。
当院のホワイトニングは薬事法の関係上、歯科医院のみで取り扱うことができる医薬品(過酸化水素)を使用しております。
過酸化水素を用いたホワイトニングは「歯への負担」「白さ」「持続性」が違います。

ホームホワイトニング

また当院では、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で患者様に取り組んでいただく「ホームホワイトニング」を扱っています。
無料のカウンセリングを行い、ホワイトニングについてご説明した後、患者様のライフスタイルに合った方法で行います。

「短期間で白くしたい」~オフィスホワイトニング~OFFICE WHITENING

歯科医院で高濃度の薬剤を使用し、特殊な光を当てて歯を白くします。1回の施術で白さを実感できますが、色が戻りやすいというデメリットがあります。「早く効果を出したい」「自分で施術を行うのが不安」という方におすすめです。(症例によっては、施術できない場合があります。)

施術の流れ

STEP1 現在の歯の色を撮影し、理想とする歯の色についてカウンセリングします。
STEP2 歯のクリーニングをして歯の表面についた汚れを落とします。
STEP3 開咬ガード(口を開けたままにする器具)を装着し、歯ぐきを保護する薬剤を塗布します。
STEP4 歯の表面に高濃度の薬剤を塗布します。
STEP5 特殊な光を照射します。
STEP6 薬剤を洗い流して終了です。

「白さを長持ちさせたい」~ホームホワイトニング~HOME WHITENING

マウストレー(マウスピース)に薬剤を注入し、一定時間装着していただくことで歯を白くしていきます。
オフィスホワイトニングよりも白さが長続きするのが特徴です。毎日行っていただくことで、2週間ほどで効果を実感できます。
ご自宅でのホワイトニング方法は丁寧にご説明しますので、ご安心ください。

施術の流れ

STEP1 歯科医院で現在の歯の色を撮影し、理想の色についてカウンセリングします。
STEP2 お口に合わせたマウストレーを作製し、施術方法をご説明します。
STEP3 ご自宅でホワイトニング剤をマウストレーに注入してください。
STEP4 ブラッシングした歯にマウストレーを装着しましょう。
STEP5 一定時間が経ちましたら薬剤を洗い流してください。
STEP6 STEP3~5を毎日続けてください。

ホワイトニングQ&AFAQ

ホワイトニングでどの程度白くなりますか?
変色の原因や変色の程度、歯の質等により個人差はあります。
患者さまの元の歯の色合いから徐々に白くなりますのでご希望の白さやどの程度白くなるのかを確認しながら進めていきます。
ホワイトニングはしみますか?
ホワイトニングは歯を削らず痛みもないことがメリットですが、ホワイトニング前には虫歯や歯周病の治療は済ませておく必要があります。
またホワイトニングによって知覚過敏が発生することがありますが、たいていの場合は一過性のものですぐに治ります。
ホワイトニングで白くなった歯はずっと白いままですか?
残念ながらホワイトニングの効果は永遠ではありません。
患者さまの歯の質や生活習慣によって差があります。
オフィスホワイトニングの場合2週間ほどで2シェードくらい後戻りし、その後は緩やかなペースで後戻りしていきます。
例えばB1の白さになった場合、2週間ほどでB2ほどになりその後だんだんとご自身が本来持つ歯の色へと後戻りします。
白さをなるべく維持するには追加のホワイトニングをしていく必要があります。
定期的にホワイトニングをすることによって後戻りしにくい歯になっていくという結果が報告されています。